学生証のみの機能です。
学生証そのものには特に影響がありませんが、Push通知で送る際の学年の処理や卒業された後にも使っていただくための処理を行う必要があります。

留意事項

◆カウントアップ機能実装後(4年制の場合)
 現1年生:1年生→カウントアップ→2年生
 現2年生:2年生→カウントアップ→3年生
 現3年生:3年生→カウントアップ→4年生
 現4年生:4年生→アルムナイ移行→卒業生ステータス

◆新1年生の学年の作り方
 学年を「0」で登録して下さい。
 新1年生:0年生→カウントアップ→1年生

※進級処理実行前に、新入生データを登録しておきたい場合 現在の1年生と新1年生が混在することを避けるため、新1年生の学年は以下のように「0」年生で登録いただくことをおすすめしております。

処理前のバックアップ(復旧用のデータの保存)

あらかじめ、年次処理前のデータのバックアップを行います。

① メニューより「学生証」-「学生情報」を選択します。

② 「学生情報」ボタンをクリックします。

③ 「Excel」または「CSV」を選択します
 (任意のファイル形式で保存が可能です)

④ ダウンロードをクリックします。

⑤ ダウンロードされたファイルをデスクトップなど
 わかりやすい場所に保存します。

卒業・進級処理の実行前のデータに戻したいときは…

 ①メニューより「学生証」-「一括登録」を選択
 ②「アップロード」をクリック
 ③保存しておいたファイルをアップロード

上記手順で処理前の状態に復旧可能です

年次更新(卒業処理)

一括更新 > 年次更新

次年度の進級処理・卒業処理・留年(休学)処理をこちらで行います。


まず、「処理開始」から「卒業処理」を選び、次へ進みます。


対象者指定を開き、条件で検索して年度処理を行う対象者を選定します。
「直近1ヶ月に処理を実施した対象者を除外する」のチェックを外します

※もし、期間をあけて処理作業を行う場合は「対象者除外」にチェックを入れて下さい。
 重複して同じ人をカウントアップするのを避けることができます。


卒業年度を選択してください。
有効期限は「更新後の値を指定」に、値は「卒業年月日」を入力します。


「在籍情報変更」「有効期限」のそれぞれのタブを確認し、処理を実行します。


処理を実行しましたら実行ログで確認して下さい。
もし処理が間違っていましたら、該当の処理を選択し処理の取り消しを行って下さい。

年次更新(留年・休学処理)

まず、「処理開始」から「留年処理」を選び、次へ進みます。

対象者指定を開き、条件で検索して年度処理を行う対象者を選定します。
「直近1ヶ月に処理を実施した対象者を除外する」のチェックを外します

※もし、期間をあけて処理作業を行う場合は「対象者除外」にチェックを入れて下さい。
 重複して同じ人をカウントアップするのを避けることができます。


有効期限は「カウントアップ」に、値は「1年同日」を入力します。

「次へ」をクリックすると、処理後の状態が表示されます。
処理の内容が問題なければ「実行」をクリックします。


処理を実行しましたら実行ログで確認して下さい。
もし処理が間違っていましたら、該当の処理を選択し処理の取り消しを行って下さい。

年次更新(進級処理)

まず、「処理開始」から「進級処理」を選び、次へ進みます。


対象者指定を開き、条件で検索して年度処理を行う対象者を選定します。
「直近1ヶ月に処理を実施した対象者を除外する」のチェックを入れます

※期間をあけて処理作業を行う場合は「対象者除外」にチェックを入れて下さい。
 重複して同じ人をカウントアップするのを避けることができます。


この画面では「学年」と「有効期限」を同時に延長することができます。
学年にチェックを入れ、「カウントアップ」に、値は「」を入力します。
有効期限にチェックを入れ、「カウントアップ」に、値は「1年同日」を入力します。


「学年」「有効期限」のそれぞれのタブを確認し、処理を実行します。


処理を実行しましたら実行ログで確認して下さい。
もし処理が間違っていましたら、該当の処理を選択し処理の取り消しを行って下さい。

【次ページ】 1-8 関係者アプリの設定