それではMyiDを使ってみましょう。
まず、お渡ししたログインアカウントで管理画面へログインします。

ログイン

上記URLより「ID」「パスワード」を入力の上、ログインして下さい。
★ログインURL
https://myid-app.net/app/#/login

ダッシュボード

現在4つのカテゴリーで構成しています。

■お知らせ
Push通知の返信や写真申請の通知がここに表示されます。

■利用状況
現在の学生証や社員証の利用状況が表示されます。
利用可能の方は学校の準備が整ってるにもかかわらず利用していない学生や社員ですので、登録を促していただければと思います。

■TODO
今後自分ややるべき忘備録をここにメモすることができます。

■機能利用履歴
利用した履歴が表示されます。毎回左のアイコンからメニューを選ばなくても、過去に利用した履歴を呼び出して対応することが可能です。

HOME画面

◆学生証
・学生情報・・・ユーザごとの情報を閲覧できます。
・一括登録・・・CSVでデータを一括登録、または個別登録もできます。
・承認・・・ 学生が写真を用意する場合はこちらで承認します。
・利用停止・再開・・・退学時や、紛失時の利用停止処理が行えます。
・パスワード発行・・・ 学生へ認証コードの発行ができます。
・顔写真登録・・・ 学生の顔写真画像を一括や個別でアップできます。

◆Push通知
・新規作成・・・Push通知を作成できます。
・履歴から作成・・・過去に作ったPush通知を再利用して作成できます。
・既読確認・・・ 学生の既読状況を確認できます。
・返信確認・・・返信履歴を見ることができます。

◆安否確認
・新規作成・・・安否確認用のフォーマットでPush通知を作成できます。
・履歴から作成 ・・・過去に作った安否確認を再利用して作成できます。
・状況確認・・・ 学生からの返信状況や既読状況を確認できます。

◆学生からの連絡
・学生からの連絡・・・学生から送られて来た遅刻や欠席の状況を確認できます。

◆通学証明(クローズ中)
・通学証明・・・学生からの通学経路申請の承認ができます。

◆学生手帳
・学生手帳・・・PDFや音楽データ(mp3)、動画データ(mp4)を公開できます。

◆出席
・出席登録・出勤登録・・・ビーコン経由で送られた情報を管理できます。
・時間割登録・・・時間割を登録・管理ができます。

◆マスタ
・学校情報・・・学校情報登録です。JSSで管理しています。
・所属マスタ・・・各ユーザーの所属情報をツリー形式で登録できます。
・コード名称・・・各情報の選択肢を追加することができます。
・ログインユーザ・・・ログインできるユーザアカウントを追加・削除できます。
・利用可能項目設定・・・属性情報項目を設定します。
・パラメータ・・・各種ルールを設定することができます。

◆社員証
・社員情報・・・ユーザごとの情報を閲覧できます。
・一括登録・・・CSVでデータを一括登録、または個別登録もできます。
・承認・・・ 社員が写真を用意する場合はこちらで承認します。
・利用停止・再開・・・退社時や、紛失時の利用停止処理が行えます。
・パスワード発行・・・ 社員へ認証コードの発行ができます。
・顔写真登録・・・ 社員の顔写真画像を一括や個別でアップできます。

◆Push通知
・新規作成・・・Push通知を作成できます。
・履歴から作成・・・過去に作ったPush通知を再利用して作成できます。
・既読確認・・・ 社員の既読状況を確認できます。
・返信確認・・・返信履歴を見ることができます。

◆安否確認
・新規作成・・・安否確認用のフォーマットでPush通知を作成できます。
・履歴から作成 ・・・過去に作った安否確認を再利用して作成できます。
・状況確認・・・ 社員からの返信状況や既読状況を確認できます。

◆グループ向け
・社内報・・・社内掲示板を活用することができます。
・Push通知・・・社内向けに一斉配信をすることができます。
・安否確認・・・社内向けに一斉の安否確認の対応が可能です。

◆社員からの連絡
・社員からの連絡・・・社員から送られて来た遅刻や欠席の状況を確認できます。

◆社員手帳
・社員手帳・・・PDFや音楽データ(mp3)、動画データ(mp4)を公開できます。

◆出退勤
・出退勤記録・・・出退勤の記録を管理できます。

◆マスタ
・組織情報・・・企業情報登録です。JSSで管理しています。
・所属マスタ・・・各ユーザーの所属情報をツリー形式で登録できます。
・コード名称・・・各情報の選択肢を追加することができます。
・ログインユーザ・・・ログインできるユーザアカウントを追加・削除できます。
・利用可能項目設定・・・属性情報項目を設定します。
・パラメータ・・・各種ルールを設定することができます。

【次ページ】1-2 事前設定