所属マスタで組織の階層を設定をする必要があります。
また、汎用属性といって、クラブやゼミ、会議メンバーなど、組織とは別の属性を設定することもできます。

設定すると学生証や身分証に表示されるのははもちろん、Push通知や安否確認も属性ごとに送ることができるようになります。

所属マスタ登録

学生証 > 一括登録
社員証 > 一括登録

まず、所属の階層を設定します。 個人データの属性の枠をここで作成します。

マスタ > 所属マスタ

こちらからも所属の階層設定を行うことが可能です。右上の「所属設定」ボタンから設定可能です。


所属マスタを設定します。
所属マスタとは、学校であれば、学部・学科、会社では部署・課などになります。その他に、専攻・クラス・チーム・ゼミなどの様々なカテゴリーの作成も可能です。まず、右上の「所属設定」をクリックして所属の設定を行います。

所属をクリックしたら階層を作っていきます。
学校だと1階層目は「学部」、2階層目は「学科」など。
企業の場合は1階層目は「部署」、2階層目は「課」など。

汎用属性登録

マスタ > 汎用属性

汎用属性は学生証・社員証に表示はされませんが、階層以外のグループを作れたり、階層をまたがってグルーピングができる機能です。


追加ボタンより属性の設定を開始します。
まず、階層に属さない単独の「保護者名」などの項目を追加してみましょう。
左上の「追加」ボタンより設定します。

単純に項目を追加したい場合は「属性種別」で「テキスト」を選び、タイトルを入力します。そのまま確定させると、学生情報アップロードの際に入力項目を追加することができます。

単独項目を追加できる種類

項目追加は以下の3つが可能です。
 ・テキスト(半角英数字)
 ・テキスト(全角文字)
 ・数値 ※ 数値は桁数やマイナス入力の設定も行えます。


オプション選択をさせる場合は、「単一」と「複数」の両方が選べます。

例えば学校だと、ゼミは全ての選択肢から1つの「単一登録」、クラブ・サークルは「複数登録」などで対応ができます。
企業の場合は、委員会は全ての選択肢から1つの「単一登録」、研究会は「複数登録」ができるなどの対応が可能です。

オプション選択項目の追加できる種類

項目追加は以下の2つが可能です。
 ・単一選択
 ・複数選択


汎用属性を作ると一覧で表示されます。
それぞれの内容とルールが一目で分かるようになっています。

汎用属性テンプレート確認

学生証 > 一括登録
社員証 > 一括登録

作成したテンプレートを確認することができます。


一括登録の画面の一番最後に汎用属性が追加されました。
この状態でCSVをダウンロードすると、これらの項目の列を追加して登録することが可能です。

【次ページ】 2-2 個人データ登録