安否確認を行う際、気象庁から発信しているデータを読み込み災害の通知を行うことが可能となりました。
第一弾で「地震」に関する安否確認の自動配信設定を行うことが可能です。

災害通知の仕組み(地震)

MyiDで事前に設定しておけば、気象庁から震度の情報を受け取ると、学生のスマートフォンに自動的に通知が来る仕組みです。
震度や地域を自由に設定でき、学生への連絡がスムーズになります。

設定方法

通常の安否確認と同じように、宛先・タイトル・通知内容を記載します。
その後で以下の設定を行って下さい。

■メール送信(チェックを入れる/外す)
Push通知以外に登録されているメールでも配信する機能です。チェックを入れていれば、緊急時より確実に連絡を取ることが可能です。

■安否確認自動配信(チェックを入れる/外す)
★こちらにチェックを入れると自動配信機能がセットされます。

■最大1日送信回数
地震の場合、一日に何度も緊急地震速報が出る可能性があります。その際に「何回まで」と指定することができます。


■配信地域
まず、「震度〇以上で通知」というのを設定します。学生に確実に連絡を取る必要がある震度を設定して下さい。震度1にすると頻繁に通知がくる可能性がありますのでご注意下さい。

■地域選択
日本地図で該当地域を選択して下さい。その地域に緊急地震速報が発令された時に自動配信されます。

■確定
上記の作業が終わりましたら「確定」ボタンをクリックして内容を確定させます。

設定後

指定した地域に地震が発生した場合、設定震度以上の場合は対象者に安否確認メッセージが自動的に一斉送信されます。

【次ページ】6-1 学生・社員からの連絡