休学時・退学時の処理についてご説明いたします。

休学時の処理

休学の処理方法は2つございます。
対応する方がやりやすい方法でご対応ください。

方法1 管理画面から「利用停止処理」をする

管理画面から「利用停止処理」することで休学処理する方法をご説明します。

保護者証 > 認証コード発行

こちらから認証コードを発行します。


上記は、検索から利用者を絞り込んだ後に出てきた結果の画面です。利用を停止したい方を選んでいただき、「利用停止」ボタンをクリックして下さい。

情報を確認して利用停止を確定させて下さい。
復学時など、利用を再開する場合は同様の画面から「利用再開」ボタンで利用を再開させてください。

「利用停止」処理を行うと、学生のアプリ画面ではこのように表示されます。

方法2 学生証の有効期限を切らす

学生証の有効期限を切らすことで休学処理する方法をご説明します。

保護者証 > 認証コード発行

こちらから認証コードを発行します。


①「検索」ボタンから学生を検索します。
②有効期限を切らしたい学生をクリックします。

卒業予定日に有効期限を切らす日付を入力して保存します。

有効期限外になりました。
復学時など、利用を再開する場合は同様の画面から有効期限を延長する処理を行ってください。

学生証の有効期限を切る処理を行うと、学生のアプリ画面ではこのように表示されます。

退学時の処理

上記の休学時の処理を行った上で、一定期間経過後学生情報が不要になった際に削除してください。
学生情報の削除方法をご説明します。

保護者証 > 認証コード発行

こちらから認証コードを発行します。


学生情報を削除する学生を選択し、「削除」ボタンを押します。

「削除」ボタンを押すと、削除確認画面が表示されます。
内容に間違いがなければ「はい」を押して削除してください。
退学処理は以上です。